ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成31年4月11日号

新生児聴覚検査費用の公費負担の開始

12/63

東京都中央区

聴覚障害の早期発見・早期療育を図るために、新生児聴覚検査に係る費用を公費で負担します(上限あり)。

実施場所:都内契約医療機関
対象:区内在住の産婦のお子さん(平成31年4月1日以降に生まれ、生後50日に達するまで)
内容:原則として出生後の入院中、生後おおむね3日以内に、出生した分ぶんべん娩取扱機関で新生児聴覚検査の初回検査を実施します。ただし、事情により入院中に検査ができなかった場合は、退院後、生後50日に達する日までに都内契約医療機関で実施します。
受診方法:妊娠届け出時に配布した「母と子の保健バッグ」に同封されている新生児聴覚検査受診票を、契約医療機関に提出してください。
公費負担額:対象児1人につき1回3,000円を上限(超過分は自己負担)
その他:
※平成31年3月31日以前に妊娠の届け出を行っていて、平成31年4月1日以降に出生し新生児聴覚検査を行う場合には、事前に保健所・保健センターで受診票の交付手続きが必要です。
※里帰り出産などにより受診票が使用できなかった場合には、検査にかかった費用の一部を助成する制度があります。詳しくはお問い合わせください。

問合せ:中央区保健所健康推進課予防係
【電話】3541-5930

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル