ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成30年7月21日号

行政懇談会の結果

7/43

東京都中央区

5月18日(金)・22日(火)・24日(木)にそれぞれ京橋、月島、日本橋の各地域で町会長・自治会長に出席いただき、行政懇談会を開催しました。
この懇談会は、区、警察署、消防署、都第一建設事務所の区内行政機関が一堂に会し、区の主要事業を説明するとともに、地域に関する意見や要望を直接お聞きするものです。
当日のご意見の中からいくつか紹介します。

・質問
築地市場移転に伴うねずみ対策について
・回答
市場内業者の引越し作業や建物解体の際にねずみが市場外へ移動することが考えられます。
基本的にその防除は都の責任において行われますが、区としても市場周辺の地域に流出しないよう独自に対策を講じます。7月から作業を始め、隣接する築地、銀座地区のみならず、川を隔てた勝どき地区においても防除作業を予定しています。

・質問
違法駐輪の撤去について
・回答
本区では、人口増加や健康志向の高まりなどにより、自転車の利用者が増えたことに伴い、歩道などへの放置自転車が増加し、放置対策が課題となっています。
そのため区では、「中央区自転車の放置防止に関する条例」に基づき、駐輪場を整備するとともに、放置禁止区域の指定や放置防止の指導・PR活動など、各種対策を行っています。
放置禁止区域では即日撤去を行い、放置禁止区域外では注意・警告した上で撤去を行っています。
なお、撤去した自転車については、所有者による引き取りのある自転車は手数料1台3,000円を徴収の上返還し、引き取りのない自転車で再利用できるものは自転車販売協力店の店頭などで販売しています。
今後も引き続き、放置自転車に対する注意・警告活動に努めるとともに、即日撤去の回数を週3回から週3.5回に増やすなど、放置の抑制を強化していきます。

・質問
民泊に関する区の方針について
・回答
民泊事業について本区では、区民の生活環境を守るため、法律に基づき条例で区内全域を対象として土・日曜日の宿泊に限り事業実施できることとしました。また、事業者には事業開始の届け出をする前に、周辺地域の住民に対し、説明会などで周知することを規定しています。
区ではこの事業が、地域に受け入れられ、良好に運営され、まちのにぎわいを高めるものとなるよう、取り組んでいきます。

・質問
町会設置街灯のLED化について
・回答
区では、夜間における犯罪の防止と通行の安全確保のため、私道の防犯灯整備を助成しており、整備の際には、環境にやさしく維持管理コストの縮減となるLED灯に変更しています。
防犯灯が既に設置してある箇所については、町会の申請に基づき、現地を確認した上で、老朽化などにより取り替えが必要であると認められるものから計画的に整備を進めてまいりたいと思います。
今後も地域の皆さんが安全安心に私道を利用できるよう防犯灯整備の助成を引き続き行っていきます。

・質問
豊海運動公園における地域コミュニティー形成のためのスペース確保について
・回答
新しい豊海運動公園は、現公園と旧豊海小学校跡地を合わせて一体的な整備を行います。主な施設として、多目的広場や親水テラス、複合遊具などを設置いたします。特に、旧校舎跡に整備する多目的広場は約3,500平方メートルの芝地とし、ボール遊びや運動の場、また、地域のイベント利用などで多目的に使用していただけると考えています。

・質問
晴海二丁目における生活利便施設整備について
・回答
スーパーマーケットなどの生活利便施設の整備については、基本的に各事業者が地域の状況や特性を踏まえながら、立地条件や採算性などを考慮し、事業者の責任において判断・決定するものと考えています。
しかしながら、日常生活に必要な商品を取り扱う店舗については、公共公益施設と併せ、都心に位置する本区において良好な住環境を整備する上で大切な要素と考えています。
晴海地区における今後の開発については、区民の皆さんが身近な場所で生活に必要なものを購入できる環境の整備など、生活の利便性に配慮したまちづくりに向けた指導を事業者に行っていきます。

問合せ:地域振興課自治振興係【電話】3546-5336

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル