ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成30年6月21日号

平成29年度 情報公開・個人情報保護の実施状況

17/50

東京都中央区

区では、区政に関する説明責任を果たし、区民の皆さんの信頼と協力の下に、より良い区政を目指すため、情報公開制度を実施しています。
また、区民の皆さんのプライバシーを守り、信頼される区政実現のため、個人情報保護制度を実施しています。
平成29年度の両制度の実施状況について、「中央区情報公開条例」および「中央区個人情報の保護に関する条例」に基づき公表します。
◆情報公開制度
情報公開制度は、皆さんからの求めに応じて、区政に関するさまざまな情報を開示する制度です。
条例では、区政情報の開示を請求する区民の権利を明らかにし、区政情報の範囲や請求の方法、開示手数料(別表1のとおり)、審査請求の手続きなどを定めています。
平成29年度の区政情報開示の処理状況は、別表2のとおりです。
件数は、合計1,843件で、請求された区政情報の内訳は、「一般診療所台帳、歯科診療所台帳関連」(529件)、「解体工事事前周知届出など」(524件)、「食品関係営業者台帳ファイル関連」(381件)、「美容所施設一覧関連」(267件)などが主なものです。
決定の内容は、開示が1,465件(79.5%)、一部開示が289件(15.7%)、非開示が87件(4.7%)、存否応答拒否が2件(0.1%)でした。
この他、区民の皆さんへ積極的に情報を提供するため、区役所1階の情報公開コーナーで、区が発行した刊行物などの行政資料の閲覧や貸し出しを行っています(平成29年度の利用状況は別表3のとおり)。
情報公開コーナーでは、区などが発行している有償刊行物(別表4のとおり)の販売も行っていますのでご利用ください。

◆個人情報保護制度
個人情報保護制度は、区民の皆さんのプライバシーを守るため、自分の個人情報の開示などを求めることができる制度です。
条例では、自己情報の開示などを請求する区民の権利を明らかにするとともに、区が管理する個人情報について、適正な管理や利用のルールを定め、不正に取り扱った場合の罰則を規定しています。
平成29年度は、開示請求が59件で、決定の内容は、開示が32件、一部開示が14件、非開示が12件、存否応答拒否が1件でした。
個人情報を取り扱う事務は、その利用目的、内容などを記載し、登録を行います。また、登録した目的以外で個人情報を利用したときや、外部への提供をしたときは、理由などを記載した記録票を作成しています。
登録票および記録票は、どなたでも閲覧できます。
事務の登録などの状況は、別表5のとおりです。

●別表1 情報公開の手数料

◎平成25年4月から電磁的記録については、フロッピーディスク(1枚につき60円)による写しの交付からコンパクトディスクに変更しました。

●別表2 平成29年度区政情報開示請求の主な内容および件数

●別表3 平成29年度行政資料などの利用状況

●別表4 有償刊行物一覧表

●別表5 個人情報取扱事務の登録などの状況 平成29年度末現在

問合せ:総務課情報公開係【電話】3546-5291

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階