ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成30年1月1日号

新春座談会ー策定に携わって(1)

4/30

東京都中央区

■策定に携わって
立川 :いま、竹内会長が話されたようなお話を、審議会でも聞くことがあり、中央区は本当に伝統のあるまちなのだと、しみじみ実感したものです。
私は、三つある専門部会のうち、「躍動部会」に参加しましたが、会には基本構想策定に関わらなければ交流することはなかったと思われる方々が、たくさんいらっしゃいました。とても勉強になり、良いまちに暮らしていると再認識しました。審議の中で特に印象に残っていることは、緑化の促進と水辺の活用について活発に議論されたことです。区役所前の首都高速道路をふさいで、公園を設け緑を増やす、また隅田川テラスを使って、音楽祭などのイベントを開催するなどさまざまな意見が出されました。そういった意見の一つ一つに、「どうすれば中央区がもっと素敵なまちになるか」という委員の皆さまの熱い思いを感じました。
その部会の際に意見としてお伝えしたのですが、中央区にはぜひ海外の企業を誘致して、地域の活性化を目指すことをご検討いただければと思います。区内には観光地としての見所は数多くあり、働くにも住むにも美しく、安全で交通の利便性が高いまちです。海外に行くと、その素晴らしさを改めて実感しますが、海外からいらした方々も同様に感じるのではないでしょうか。

中山: 私は、医療や健康に関する「安心部会」に参加しました。その中で多く取り上げられたのは、地域のコミュニティー形成についてです。例えば、中央区のシルバー人材センターでは、650人ほどの高齢者の方々が登録され活動されています。急速に高齢化が進展する現代において、高齢者に役割があるということはとても重要です。産業のまちとして栄えてきた中央区には、かつて専門職や技術職として活躍されていた高齢者の方が多くいらっしゃると思います。その方々の活躍の場となるコミュニティーをつくることで、役割の創出、地域の活性化につながるのではないでしょうか。
会議の中で、コミュニティーをつくるに当たって、「人と会って何をするのか」を考えるのが大事だと伺いました。例えば、子育て世代のお母さんたちが集まって子育ての悩みを共有したり、高齢者の方々が介護予防を目的として、体操を行ったりといったことです。そのような場を、行政に任せきりというのではなく、区と区民とが一緒になってつくり上げていくことの大切さを知ることができました。

梶原: 審議会が始まった頃、矢田区長より、「中央区は、今まさにベビーブームです」と伺いました。団塊世代の私にとっては懐かしく、もう二度と聞くことはないと思っていた言葉でしたが、改めて日常を振り返れば、まちには若い人が多く、地域の盆踊り大会や区の雪まつりには大勢の子どもたちが参加します。半世紀近くにも及ぶ人口流失を見事克服し、定住人口15万人超という勢いのある「都心再生」を実現。「ファミリーレストランがオープンしたときのうれしさ」などのお話を伺い、中央区の歴史と関わってこられた皆さまの思いやご尽力に気付きました。
私は「快適部会」に参加しましたが、都市緑化や防災・減災への取り組みについても、中央区にふさわしい先端技術の提案や、さまざまな意見の交換がありました。頼もしい未来を想像するとともに、多くを学ばせていただきました。

松本: 私が参加したのは「安心部会」です。参加者の皆さまから多くのことを勉強させていただきました。同時に、これまでの自分の興味の範囲がいかに狭かったかということに気付かされました。毎回、会議の前には膨大な量の資料が届き、考慮すべき事項の多さに驚かされましたが、普段はお会いできないようなさまざまな分野で活躍されている方々とフラットにお話しができ、大変貴重な経験となりました。
私は子育て世代の一人として、将来子どもたちの住む環境について考えながら参加したのですが、必要と思う施策を基本構想に盛り込んでいただくに当たり、声を上げていくことの大切さを痛感しました。とはいえ、なかなか日常的にそういう話をする機会が見つからないのが実情です。そういった私たち世代の声をどのように発信していったら良いか、また策定に携わった一人として、20年後の将来像を描いた基本構想の内容をどのように区民の皆さんにお伝えし、その内容を理解していただけるかということを、今後も自分の中で課題として考えていきたいと思います。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル