ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和元年9月21日号

住民税の公的年金からの特別徴収(差し引き)が10月から開始される方へ

5/35

東京都中央区

今年度から新たに年金からの特別徴収(差し引き)が開始される方には、住民税額の半分を、普通徴収(個人納付)の第一期分(6月末)と第二期分(8月末)に分けて納めていただいています。残りの半分については、10・12月および翌年2月の年金支給額から特別徴収(差し引き)します。
また、翌年度の住民税については、前年度の住民税額の半分を3等分した額を、4・6・8月から仮徴収し、年金特別徴収税額が確定した後に仮徴収を差し引いた残りの税額を10・12月および翌年2月の3回に分けて本徴収します。

■特別徴収の中止
年の途中の他市区町村への転出や、年金特別徴収税額の変更などの際は、年金からの特別徴収を中止し、残りの住民税について普通徴収の納付書をお送りする場合もあります。また、介護保険料の特別徴収が中止となった場合も同様です。

問合せ:税務課課税係
【電話】3546-5270

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル