ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 令和元年5月21日号

交通事故で国民健康保険を使うときには必ず届け出を

33/51

東京都中央区

交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)から受けたけがの治療費は、原則として加害者が負担すべきものです。
しかし、加害者がすぐに治療費を払えないなど、やむを得ない場合は、区に届け出(第三者行為による傷病届)を行うと国民健康保険証を使って治療を受けることができます。
国民健康保険証を使ったときは、治療費から一部負担金を除いた額を、国民健康保険が加害者の代わりに医療機関などへ立て替えて支払い、後日加害者に立て替えた分を請求します。
なお、次のようなときは、国民健康保険証は使えません。
・加害者から既に治療費を受け取った、または示談を済ませたとき
・業務中や通勤中の事故のとき
・被害者が、飲酒運転や無免許運転などの違法行為をしていたとき

問合せ:保険年金課給付係
【電話】3546-5360

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル