文字サイズ
自治体の皆さまへ

区長 所信を表明(2)

3/44

東京都中央区

◆令和3年度当初予算
次に、予算の概要について申し上げます。
新年度予算は、「コロナを乗り越え、輝く未来を切り開く」を目標に掲げ、感染症対策や経済対策を中心に、区民生活や地域経済を守ることに重点を置きました。
コロナ禍において、本区の財政は大きな影響を受けております。これまで力強い人口増加を背景に増収が続いてきた特別区税が減収に転じ、地方消費税および特別区交付金を加えた区財政の根幹を成すこれら3つの歳入だけでも40億円に迫る減収が見込まれます。予算編成に当たっては、こうした点を踏まえ、施設改修の実施時期を見直すなど財政負担の平準化を図り、基金の活用や地方債の新たな発行など財源確保に努める一方、区民生活を守る基礎自治体として、福祉、教育、環境、防災など各施策の充実・強化はもとより、20万都市の未来を見据えた基盤整備についても積極的に取り組んだところであります。
その結果、新規事業22、充実事業20を含む一般会計予算は、前年度比10.9パーセント減となるものの昨年度に次ぐ過去2番目の財政規模となる1,054億2,200万円余を計上いたしました。
主な施策について、基本構想に掲げた3つの「施策のみちすじ」に沿って申し上げます。

◇一人一人の生き方が大切にされた安心できるまち
第一は、「一人一人の生き方が大切にされた安心できるまちを目指して」であります。
はじめに、子育て支援策です。
本年4月には、本区初の公私連携幼保連携型認定こども園である「阪本こども園」を開設する他、新たに保育所3園の開設を支援するなど、保育を必要とする全ての子どもが利用できる保育環境を整備してまいります。加えて、園庭を有しない保育園など園児の安全な外遊びのため、近隣の広い公園までバスで送迎する事業を新たに実施する他、保育士確保策として保育士資格取得支援制度の充実を図るなど、保育の質の向上に向けた取り組みも進めます。また、問い合わせの多い保育入園情報については、入園希望者が手軽にいつでも情報を入手できるようインターネットを活用した動画配信を行ってまいります。学童クラブの待機児童対策では、運用方法の弾力化を図ることで各クラブの利用可能人数を増やし、全体で135人増の720人といたします。さらに、コロナ禍において子育てへの不安も増す中、新生児が誕生した家庭の経済的負担を軽減するため、引き続き新生児誕生祝品として5万円分の「共通買物・食事券」を贈呈するとともに、ベビーシッターとの共同保育など自宅での保育を希望する方に対して、新たに居宅訪問型一時預かり保育への利用費助成を開始し、安心して子育てのできる環境づくりを進めてまいります。
ひとり親家庭および生活困窮家庭を対象とする学習・生活支援については、小学生・中学生の定員拡大を図ります。また、新たに高校生世代への学習支援の場を設置し、進路に関する相談や生活習慣改善のための支援などを行い、小学生から高校生世代まで一貫した切れ目のない体制のもと、子どもの成長段階に応じたきめ細かな取り組みを進めてまいります。
次に、高齢者施策についてであります。
コロナ禍において、高齢者は、感染への不安や外出自粛により閉じこもりがちになるなど、生活のみならず身体への影響が懸念されます。このため、高齢者が自宅などでフレイル予防が行えるよう「中央粋なまちトレーニング」のDVDを貸し出し、継続的な取り組みを促すスタンプカードの配布や保健師による健康相談を実施するとともに、新たに「粋トレ」を実施する通いの場運営団体に対して理学療法士を派遣するなど、高齢者の健康意識を高め、自宅や身近な場所での健康づくりを支援してまいります。
また新年度の敬老大会につきましては、高齢者の感染リスクを低減するため、特別観劇券を配布し、観劇される方ご自身で希望日を予約していただく方式に変更いたします。
次に、障害者施策についてであります。
自然災害などによる停電が生命の危機に直結することから、日常的に人工呼吸器を使用されている方を対象とする日常生活用具給付の品目に自家発電装置などを加えるとともに、吸引器の給付基準額を引き上げます。また、社会貢献活動団体との協働提案事業として、障害のある方の運動不足を解消するため、定期的に身体を動かし外出の機会を創出する取り組みを京橋、日本橋、月島の3地域で実施してまいります。
さらに、コロナ禍における健診時の感染予防対策として、母子健診や歯科健診などの1回当たりの定員数を減らし、実施回数を増やして対応するとともに、母子保健相談などでは自宅から相談が受けられるようオンライン化を推進します。
また、衛生的で快適な生活環境の確保を図るため、町会や自治会、商店街が地域一体として取り組むねずみ駆除への支援を継続してまいります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU