文字サイズ
自治体の皆さまへ

【令和3年】4月から施設等利用給付認定を希望する方へ

5/47

東京都中央区

0~2歳児クラスの住民税非課税世帯は月額上限42,000円まで、3~5歳児クラスは月額上限37,000円まで施設の利用料が、幼児教育・保育の無償化の対象となります(利用施設により無償化上限は異なります)。給付を希望する方は、「子育てのための施設等利用給付認定」申請をし、認定を受けた上で、請求(給付)の手続きを行う必要があります。

■子育てのための施設等利用給付認定申請・認定
認定区分:利用施設と利用事業に対応する認定区分の申請が必要となります(別表1・2参照)。要件を1つでも満たさない場合や、審査の結果によっては、認定されない場合があります。

【別表1】

(※1)認可外保育施設(東京都認証保育所を除く)、病児保育事業、一時預かり事業、居宅訪問型保育事業、ファミリー・サポート・センター事業が対象となります。「~幼児園」の名称を使用している施設など、日本の学校教育法上の「幼稚園」としての認可施設ではない施設はこの区分での請求になります。居宅訪問型保育事業およびファミリー・サポート・センター事業については、送迎のみの利用日の分は給付対象外です。
(※2)幼稚園は子ども・子育て支援新制度に移行している園と移行していない園に分けられます。ご利用の園がどちらに該当するかについては、園へご確認ください。

【別表2】

必要書類:認定区分により、必要書類が異なります(別表3参照)。

【別表3】

◎ 家庭の状況によって必要書類が異なる場合があります。必ず「施設等利用給付のごあんない(令和3年度申請用)」で詳細をご確認ください。

提出期限・申請方法:
・4月1日からの認定を希望する場合は4月1日(必着)までに別表4のとおりご提出ください。
・4月2日以降の認定を希望する場合は認定を希望する日までに書類の提出をお願いします。

【別表4】

■請求(給付)の手続き
手続き方法および給付内容は、利用する施設や年齢によって異なります。詳細は、「施設等利用給付のごあんない(令和3年度申請用)」または区のホームページをご覧ください。
なお、認定はさかのぼれないため、認定を受ける以前の分(有効な認定期間外の分)については請求(給付)できません。必ず入園・利用前に手続きをしてください。

■「施設等利用給付のごあんない(令和3年度申請用)」の配布
認定の申請方法および請求の手続き方法などについてまとめた「施設等利用給付のごあんない(令和3年度申請用)」を、別表4の提出先窓口(※)で配布している他、区のホームページからダウンロードすることもできます。

**********
問合せ:
・「施設等利用給付の認定」に関すること…保育課保育入園係【電話】3546-9587・5387
・「施設等利用給付の請求」に関すること…保育課保育運営係【電話】3546-5422
・区立幼稚園に関すること…学務課学事係【電話】3546-5513・5514

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU