ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和3年1月11日号

要介護認定を基に障害者控除の認定

7/46

東京都中央区

身体障害者手帳などの交付を受けている方は、所得税・住民税の所得控除を受けられます。
また、身体障害者手帳などをお持ちでない方でも、高齢者については、介護保険の要介護認定の資料などから身体障害者などに準ずると認定された場合に、確定申告をすれば障害者控除が受けられます。
区では、対象者と認定される方に「障害・特別障害認定書」を発行していますので、該当すると思われる方は申請者の印鑑を持参の上、手続きをしてください。

対象:次の要件の両方に該当する方
・65歳以上で要介護認定により要介護1以上と認定されていること
・主治医意見書または訪問調査の認定情報から、「寝たきり」・「準寝たきり」あるいは、「重度の認知症」・「中度の認知症」の状態が確認できること
◎要件に該当しない場合もありますので、ご希望の方は事前に電話でお問い合わせください。

問合せ:介護保険課介護認定係
【電話】3546-5385

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階