ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和2年5月21日号

落下防止のために建物の点検を

15/21

東京都中央区

建物の外壁や袖看板などは老朽化などにより破損し、落下する恐れがあります(区内でも過去に外壁のタイルが落下し、通行人が負傷するという事故がありました)。
外壁のタイルやモルタル塗り、スチール枠の窓ガラス、屋外広告物などは特に注意が必要です。日頃からの点検を心掛けてください。

[外壁の場合]
・ひび割れや部分的な剥がれがないか
・膨らんでいたり、浮いている部分がないか
・たたいた時に、他の部分と比べて違う音がする部分がないか

[窓ガラスの場合]
・ガラスがパテ留めとなっていないか

[屋外広告物などの場合]
・さびや劣化がないか

このようなことがありましたら、専門家に相談し調査や改善を行ってください。建物の点検や維持管理は所有者、管理者の皆さんの責務です。
日頃から点検や維持管理を行い、落下物による事故を未然に防ぎましょう。

問合せ:建築課調査係
【電話】3546-5453

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階