ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ中央 平成29年12月11日号

スプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベ、ライターの出し方

4/47

東京都中央区

スプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベ、ライターを出す際に可燃性ガスが残っていると、清掃車や処理施設の火災事故の原因になり大変危険です。適切な手順でガスを抜き、安全なごみの収集にご協力をお願いします。

■スプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベ
スプレーボタンを押しても中身が出ないことを確認してください。空の容器は、中身の見える袋に入れて「資源」の日に出してください。
◎ガス抜きは、通常の使用方法で完全に空になるまで行ってください。また、容器に穴を開けるのは大変危険ですのでおやめください。

■使い捨てライター
着火操作をし、ガスが抜けているかを確認してください。空のライターは中身の見える袋に入れて、他のごみとは別にして「燃やさないごみ」の日に出してください。
◎ガス抜きは、周囲に火の気がなく風通しのよい場所(屋外や部屋の窓際など)で行ってください。ライターの着火レバーを押した状態にセットし、輪ゴムや粘着力の強いテープで固定します。半日から1日程度置けば、ガス抜きの完了です。

問い合わせ(申込)先:中央清掃事務所作業係
【電話】3562-1521

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階