ユーザー登録
文字サイズ

中央区 動物との共生推進員の活動

4/54

東京都中央区

区では、「人と動物の調和のとれた共生社会」の実現を目指して「中央区動物との共生推進員制度」を設置しています。「中央区動物との共生推進員」(以下「共生推進員」)は、区内在住、在勤者をはじめ、開業獣医師や動物定員護団体、ペットショップなどの方々の中から区が委嘱しており、現在は第5期の共生推進員として、
65人の方に委嘱をしています(任期は平成29年7月~平成32年6月)。
共生推進員は、飼い主のいない猫にまつわるトラブルを減らすために、地域の方と協力し、ごみ荒らしを防ぐための餌やり、ふんの清掃、餌場と周辺の清掃など衛生的な環境の整備に取り組むとともに、飼い主のいない猫を増やさないため、去勢不妊手術を受けさせる活動を行っています。
また、飼い犬にまつわるトラブルを減らすために、散歩の際のリードの装着や、ふん尿の始末など周りの人に迷惑を掛けないようにするマナーの徹底に向けた啓発活動も行っています。
共生推進員の活動時間は早朝から深夜に及ぶ場合がありますが、活動する際には必ず共生推進員証を携帯しています。地域の皆さんにはご理解、ご協力をお願いします。
問い合わせ(申込み)先:中央区保健所生活衛生課生活衛生係
TEL/3541-5936

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル