ユーザー登録
文字サイズ

高次脳機能障害者支援

14/67

東京都中央区

高次脳機能障害は脳卒中や交通事故、転落などによる脳外傷、ウィルス性の脳炎、低酸素脳症などさまざまな原因で起こり、小児期から高齢者までどの年代の方にも起こり得る障害です。見えない障害ともいわれ、病気や事故をきっかけに、記憶障害や認知機能の障害が現れ、日常生活や就労・学業に支障をきたすことがあります。周囲の方々の理解と支援が必要です。
区では、講演会や交流会(年6回)、個別相談などを通して高次脳機能障害者や、その家族を支援しています。

■高次脳機能障害者交流会
日時:5月12日(土)午後1時30分~3時
会場:福祉センター2階食堂
対象:区内在住の高次脳機能障害の方(ご家族・付添いの方を含む)
定員:15人(先着順)
内容:高次脳機能障害のある方、ご家族の交流や情報交換、茶話会など
◎個別相談を交流会終了後に行います。ご希望の方は事前にご予約ください(4人程度、先着順)。
申込期限:5月11日(金)午後5時まで

■講演会
日時:5月23日(水)午後3時~5時
会場:教育センター5階視聴覚ホール
対象:区内在住・在勤者
テーマ:高次脳機能障害―社会的行動障害への対応―
講師:東京慈恵会医科大学付属第三病院
リハビリテーション科教授 渡邊 修
定員:100人(先着順)
費用:無料
申込期限:5月18日(金)午後5時まで
託児:7カ月以上のお子さんをお預かりします。希望する方は5月16日(水)までに一緒にお申し込みください(6人程度、先着順)

■共通
電話またはファクスに(1)交流会または講演会(2) 氏名・ふりがな(3)郵便番号・住所(4)電話番号(5)年齢を記入して申し込む(講演会は区のホームページの電子申請からも可)。
◎手話通訳、介助などが必要な方は事前にお申し出ください。
問合せ:福祉センター【電話】3545-9311【FAX】3544-0888

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル