ユーザー登録
文字サイズ

情報コーナー《講座・催し物》もっと知りたい!第2日曜日は天文・宇宙のトビラ

16/44

東京都中央区

太陽について分かったことと太陽観測の今
日時:11月12日(日)
午後1時~2時(途中入退場不可)
会場:タイムドーム明石プラネタリウムホール
内容:夜空にある星座を作る星たちは自らエネルギーを放って輝いていますが、太陽は私たちに最も近いそのような星の一つです。太陽観測衛星「ひので」などの観測で分かってきたことや太陽観測の今、これからについてお話しします。
講師:国立天文台准教授・太陽観測科学プロジェクト 鹿野良平
定員:86人(先着順)
費用:無料
◎当日、直接会場へお越しください。
◎入場整理券を当日正午から受付で配布します。

問い合わせ(申込)先:郷土天文館「タイムドーム明石」
TEL/3546-5537

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル