ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成31年3月1日号

3月1日(金)~8日(金)は「女性の健康週間」

7/37

東京都中央区

近年、女性を取り巻く環境が大きく変化し、女性のライフスタイルも大幅に変化してきました。

■ライフステージと体の変化
女性には、一生のうちに思春期、成熟期、更年期、老年期という4つのライフステージがあり、女性ホルモンの量が大きく変化します(別図参照)。

【別図】

それに伴い、女性特有の心身の変化が起こりやすく、心身に不調を感じる女性も多くなっています。
年齢によって注意したい症状や病気も異なります。女性ホルモンによる心身の変化を知り、上手にセルフケアしていきましょう。また気になる症状があるときは早めに婦人科を受診してください。

■子宮がん・乳がん検診を受けましょう
女性特有のがんである子宮がん・乳がんは増加傾向にあります。都では、20代から30代の女性に多い子宮頸(けい)がんの早期発見に向けた、がん検診受診の呼び掛けを「女性の健康週間」に合わせて行っています。早期の段階では自覚症状はほとんどありません。早期発見・早期治療のために、2年に1度、検診を受けましょう。
区では子宮がん・乳がん検診を無料で受けられる受診券を発行しています。対象者など詳しくはお問い合わせください。

問合せ:福祉保健部管理課保健係
【電話】3546-5397

■更年期障害は予防が大切
閉経を挟んで前後5年を更年期といいます。この時期になると女性ホルモンの分泌が急減し、のぼせ、火照り、手足の冷え、動悸(どうき) 、不眠、いらいらなど、心身にさまざまな症状が現れることがあります。
ホルモン補充療法や漢方などによる治療が一般的ですが、生活習慣を見直すことで予防もできます。

■女性の健康を守るポイント
どのライフステージにあっても健康に楽しく過ごしていくために、毎日の生活を見直し、できることから少しずつチャレンジしてみましょう。

・規則正しい生活を送りましょう
・バランスの良い食事を心掛けましょう
・睡眠を十分に取りましょう
・適度な運動をしましょう

区では、生活習慣病予防に関する講演会を開催しています。これを機に、女性のライフステージに合わせた健康について考えてみませんか。

◎生活習慣病予防講演会
女性のためのこころとからだのセルフケア
日時・内容:別表2のとおり

【別表2】

会場:月島保健センター多目的室
対象:区内在住・在勤の女性
講師:AFAA認定パーソナルトレーナー 鈴木純子
定員:30人(先着順)
費用:無料
申込み方法:3月4日(月)から電話で申し込む(電子申請も可)。

問合せ:月島保健センター健康係
【電話】5560-0765

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階