ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ 中央 平成31年3月1日号

3月は国・都の自殺対策強化月間 ~ひとりで悩んでいませんか?~

6/37

東京都中央区

■周りの人ができること
多くの人は「死ぬしかない」でも「生きたい」と激しく葛藤する中で不眠や体調不良を訴えています。「どうかした? 心配だよ」の一言が大切な人の命を救います。

■相談先など
別表1のとおり

【別表1 「自殺防止!東京キャンペーン」特別電話相談】

※0570で始まるナビダイヤルは携帯電話の無料通話やかけ放題プランなどの対象外です。

■こころといのちの相談窓口
区では、相談窓口を記載したリーフレットを作成し、区内施設で配布しています。

【自殺予防の十箇条】
自分自身や身近な人に次のようなサインはありませんか
1. うつ病の症状に気をつけよう(気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断できない、不眠が続く)
2.原因不明の身体不調が長引く
3.酒量が増す
4.安全や健康が保てない
5.仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
6.職場や家庭でサポートが得られない
7.本人にとって価値のあるもの(職、地位、家族、財産)を失う
8.重症の身体の病気にかかる
9.自殺を口にする
10.自殺未遂に及ぶ
※「職場における自殺の予防と対応」厚生労働省より

問合せ:
中央区保健所健康推進課予防係【電話】3541-5930
日本橋保健センター【電話】3661-5071
月島保健センター【電話】5560-0765

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階