ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和元年9月21日号

9月24日(火)~30日(月)は結核予防週間

13/35

東京都中央区

結核は過去の病気ではありません。現在、新たな発病者は年間20,000人を下回っていますが、依然として約2,000人が亡くなっている状況です。また、都内では全国に比べ、患者の中で若い世代が占める割合が高くなっています。
結核は、患者のせきやくしゃみと一緒に結核菌が空気中に飛び散り、それを周囲の人が吸い込むことによって感染します。もし結核にかかっても、きちんと薬を飲むことで治療ができます。せきが2週間以上続くときは、早めに医療機関で診てもらいましょう。早期発見は本人の重症化を防ぐだけでなく、大切な家族や職場などへの感染の拡大を防ぐためにも重要です。65歳以上の方は法律により、1年に1度は健康診断を受診するよう規定されています。必ず健康診断(胸部エックス線検査)を受けましょう。

問合せ:中央区保健所健康推進課予防係
【電話】3541-5930

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階