ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和元年11月21日号

医療費や保険料の還付金詐欺にご注意ください

5/44

東京都中央区

区役所職員などを装って、「医療費や保険料の還付金があります。キャッシュカードを持ってATMへ行き、還付金の手続きをしてください」という不審な電話が相次いで発生しています。
区では還付金に関して事前にお出しいただいた書類の確認などを除き、直接電話で口座番号を聞くことは絶対にありません。また、現金自動預払機(ATM)を使った医療費や保険料の還付は行っていません。現在、区では「医療費」や「保険料」の還付金がある場合、電話ではなく通知を郵送し、指定された口座に振り込む方法をとっています。

■主な手口例の紹介
手口例1:区役所職員を名乗る者から電話で、「医療費還付の申請書を郵送していますが、いまだ申請がありません。締め切りが今日の午前中なので、近くのATMで手続きをしてください。申請方法はATMに行ったら電話で説明します。」
手口例2:区役所職員を名乗る者から電話で、「保険料の過払いがあります。以前、還付通知を郵送しましたが手続きがされていません。今、銀行名と口座番号を教えてもらえれば、還付金を振り込みます。後ほど銀行員から電話がありますので、指示を受けてください。」

問合せ:保険年金課給付係
【電話】3546-5360

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階