ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和3年1月11日号

私の家、耐震化できてる?

2/46

東京都中央区

まずはお気軽にお問い合わせください

●区内の耐震化率の現状(令和2年3月現在)

○民間特定建築物とは
多数の人が利用する一定規模以上の建築物です。

○緊急輸送道路とは
震災時に避難や救急・消火活動、緊急物資輸送の大動脈となる幹線道路です。

○特定緊急輸送道路とは
緊急輸送道路のうち、特に重要な道路として都の条例により指定された道路です。
例:首都高速道路、中央通り、新大橋通りなど

※さらなる耐震性の向上が必要です

●耐震診断や耐震補強工事などへの助成制度
例えば以下の建築物の耐震補強工事にはこんな助成があります!

その他にも、さまざまな助成制度があります。詳しくはお問い合わせください。

※昭和56年5月31日以前に建てられた建築物が対象です

■耐震化アドバイザーを無料で派遣します
こんなことに困っていませんか?
・耐震診断や耐震補強工事の方法、費用を知りたい
・木造建築物の簡易耐震診断を実施してほしい
・耐震化への権利者間の合意形成が難しい

○対象建築物
昭和56年5月31日以前に着工された建築物(緊急輸送道路沿道建築物は除く)

○派遣回数
木造建築物:3回まで
非木造建築物:5回まで

■耐震フェア
1月30日(土)開催
時間:午前10時~正午、午後1時~4時
会場:浜町公園、総合スポーツセンター

首都直下地震が発生する前に耐震について学びませんか。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止を図るため、例年より規模を縮小して開催します。

・荒天時は中止する場合があります。
・参加費は全て無料です。
・当日は検温や消毒液の配置、待機列で人と人との間隔を空けるなど感染防止対策を行います。
・マスクの着用や会場での手指消毒などの感染防止対策にご協力をお願いします。
・体調不良の場合は来場を控えてください。

●耐震セミナー
区の公式YouTubeで配信します。耐震フェア当日の午前10時から公開予定です。
内容:「来るべき大地震への備え」
・日本における大地震のタイプと特徴
・ 過去の大地震での地震被害
・東京を襲う地震への備えと心構え
講師:NPO法人建築技術支援協会 小鹿紀英

○YouTubeをご覧になれない方を対象に総合スポーツセンター4階会議室で同内容の動画を上映します
時間:午前10時~11時、午後2時~3時
定員:各30人(先着順)
申し込み方法:1月12日(火)から29日(金)までに電話またはファクス、Eメールで(1)氏名(2)電話番号(3)参加人数(4)希望時間(午前、午後)を記入して問合せ先へ申し込む。

●耐震個別相談会
耐震に関する相談や助成制度の説明を耐震の専門家および区の職員が行います。

●防災VR体験
地震や火災を3D映像を通して体感できます。

●耐震改修工法の展示・免震構造建物の揺れ体験
大地震時に免震構造の建物がどのように揺れるのか起震車で体験してみましょう。また耐震改修工法を中心に展示を行います。
◎免震構造建物の揺れ体験は雨天中止です。

**********
問合せ:建築課構造係
【電話】3546-5459【FAX】3546-9551【メール】kentiku_03@city.chuo.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階