ユーザー登録
文字サイズ

区のおしらせ ちゅうおう 令和2年5月21日号

補正予算のあらまし

3/21

東京都中央区

≪172億7,187万8千円を専決処分により増額補正≫

【一般会計の補正額】

■主な内容
・特別定額給付金の支給(171億6,256万1千円)
新型コロナウイルスの感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的に、区民1人につき10万円の特別定額給付金を支給します。

・住居確保給付金の支給対象の拡大(1億363万円)
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、住居確保給付金の支給対象に、新たに「休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方」を加えます。

・子育て世帯への臨時特別給付金の支給(568万7千円)
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援することを目的とした臨時特別給付金を速やかに支給するため、その準備に要する事務費を計上します。

問合せ:財政課財政担当
【電話】3546-5255

**********
寒々とした2月の街路樹が、今、もえ上がる新緑に包まれています。新型コロナウイルス感染症対策が始動してはや3カ月余り。この間区民の皆さまには、区施設の利用制限、保育園・幼稚園の休園、小・中学校の休校、行事・イベントの休止・延期などさまざまなご不便をお掛けしておりますが、そのたびごとに多大なるご理解、ご協力をいただき心から感謝申し上げます。また、医療現場で奮闘されている皆さまに、深甚なる敬意と感謝を申し上げます。
ご承知のとおり、緊急事態宣言の期間延長が発表され、2週間余りが経過しました。区としては5月1日に公表した基本方針に基づき、新型コロナウイルス感染症対策を継続してまいります。今後も日常生活や経済活動の制約の長期化が予測され、常態化へ向けて「新しい生活様式」への模索も始まっておりますが、引き続き区民の皆さまのご理解、ご協力をお願い致します。
区は、特別定額給付金の申請書の発送を本日21日に開始します。また、感染拡大防止協力金の追加支援策をはじめとする国や都の施策に加え、区独自の施策として、PCR検査体制の拡充、子育て世帯や高齢者への支援強化、ハッピー買物券2020の発行など、全力を挙げて進めていく所存です。
一日も早く活力ある中央区を取り戻せるよう、皆さまとともに頑張ってまいります。

中央区長 山本(やまもと)泰人(たいと)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階