ユーザー登録
文字サイズ

平成29年度予算の主な事業

平成29年度予算の主な事業

重点施策別主要事業・見直し事業を紹介します。 問い合わせ方法 財政課財政係 TEL (3546)5255

■災害に強い都心のまちづくり
地域防災力の向上 (千円)
・防災用ネットワークカメラの設置:災害情報収集体制の強化を図るため、防災用ネットワークカメラを京橋・日本橋・月島各地域の民間ビルなどに追加配置します。 (15,252)
・防災行政無線のデジタル化:電波法の改正に伴う基準に適合するデジタル方式に移行するため、平成29年度から3カ年かけて防災行政無線の設備を更新するとともに、屋外スピーカーを新規設置するなど、災害関連情報を適切に伝達する仕組みを更新します。 (201,658)
地域特性や社会の変化に即応した防災力の向上
・帰宅困難者支援施設運営協議会への支援:帰宅困難者の受け入れ態勢を強化するため、施設運営計画や基本マニュアルの大幅なリニューアルを図るとともに、施設間の連携・協力を見据えた検討や防災訓練などを支援します。 (8,350)
・防災マップアプリの作成:災害時に区民や帰宅困難者を避難所などへ円滑に誘導するため、スマートフォンなどで閲覧できる防災マップアプリを作成します。 (7,274)
災害に強いまちづくりの推進
・住宅・建築物の耐震化助成:耐震診断・耐震補強工事などを行う旧耐震基準の建築物の所有者に対して、費用の一部または全額を助成します。 (831,169)
・電線共同溝の整備:安全で快適な歩行空間の確保や都市景観の向上とともに、災害時における電力や情報通信網の信頼性を向上するため、電線類の地中化を計画的に推進します。( 403,847)
犯罪を未然に防ぐ安全・安心なまちづくりの推進
・客引き等対策補助:客引き行為などの防止に向け、地域団体がパトロール強化に要した費用の一部を補助します。 (6,000)
・小学校通学路防犯カメラの設置:登下校時における安全対策の強化を図るため、平成30年度までに全小学校の通学路に防犯カメラを設置します。 (9,914)

■子どもが輝く子育て・教育のまちづくり
すべての子育て世帯に対するサービスの充実
・産後ケアの実施:家族から出産後の支援が受けられず、心身の不調や育児不安が認められる母親の育児に対する負担感の軽減を図るため、宿泊型の産後ケアを実施します。 (13,129)
・子どもの居場所「プレディ」:子どもの健全育成を図るため、保護者の就労状況にかかわらず、放課後などに子どもが安全に安心して過ごせる子どもの居場所「プレディ」を実施します。( 369,832)
仕事と子育てを両立できる環境の充実
・保育定員の拡大等:保育所待機児童の解消を図るため、新たに区内4カ所で開設される私立認可保育所の運営事業者に対する開設準備経費の一部を補助する他、空いている保育室を活用し、臨時的に1歳児保育を行う期間限定型保育事業を行う事業者などに対し、運営経費の一部を補助します。 (830,333)
・水谷橋公園内保育所の整備:待機児童の解消を図るため、水谷橋公園内において立体都市公園制度を活用した保育所の設計に着手します。 (50,468)
・私立保育所運営事業者に対する補助:保育所開設後の家賃補助を充実するとともに、保育士のための宿舎借り上げや保育士資格取得支援を行った場合の経費の一部を補助します。( 493,825)
・一時預かり保育の定員拡大:十思スクエア内に施設を整備し、一時預かり保育の定員を拡大します。 (50,371)
学習指導の充実と学力の向上
・小学校英語講師の配置:国際教育パイロット校を除く小学校全校を対象に指導力向上を図るため、小学校英語講師による巡回指導を行います。 (11,092)
個性を生かす教育の充実
・オリンピック・パラリンピック教育の推進:全小中学校・幼稚園で「中央区版 一校一国運動」やハートフルスポーツなどに取り組むとともに、中学生を対象にオリンピック・パラリンピック英語講座を実施します。 (17,682)
・スクールソーシャルワーカーの配置:いじめや不登校などの問い合わせ方法題の早期解決を図るため、現在中学校に派遣しているスクールソーシャルワーカーを新たに小学校にも派遣します。 (7,397)
・特別支援教室の整備:通級指導学級設置校に通級している児童・生徒が在籍校で指導を受けられるようにするため、全小中学校に特別支援教室を整備します。 (3,300)
都心にふさわしい教育環境の整備
・小学校・幼稚園の改築・増築:児童数の増加などに対応するため、日本橋小学校・日本橋幼稚園、月島第三小学校・晴海幼稚園の増築および城東小学校・阪本小学校の改築を進めます。(5,171,381)
・晴海地区の小学校・中学校の整備:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会後の児童・生徒数の増加に対応するため、晴海地区への小学校と中学校の整備に着手します。(39,213)

■すべての人々の健康と高齢者の生きがいのあるまちづくり
健康づくりの推進
・がん検診:がんの早期発見・早期治療を目的として各種がん検診を実施します。大腸がん検診については、精密検査の受診率向上を図るため、引き続き未受診者に対する勧奨を実施します。 (525,310)
・禁煙外来医療費助成:禁煙を希望する喫煙者に対して、禁煙外来での治療を促すとともに、治療成功に向けた取り組みを支援するため、医療費の一部を助成します。 (1,054)
高齢者あんしんネットの拡充
・人形町おとしより相談センター(仮称)の開設:地域の総合相談体制を強化するため、日本橋おとしより相談センターの分室を人形町に開設します。《開設予定 9月》 (2,849)
・認知症施策の推進:住み慣れた地域で安心して暮らせる地域包括ケアを推進するため、認知症相談・支援事業とともに、認知症初期集中支援事業を通じて認知症の方とその家族をサポートします。 (3,740)
高齢者に対するサービスの充実
・いきいき桜川(桜川敬老館)の改築等:八丁堀駅周辺施設の再編を踏まえ、いきいき桜川(桜川敬老館)の改築とともに、地域密着型特別養護老人ホームおよび認知症高齢者グループホームの整備に着手します。 (154,153)
障害者に対するサービスの充実
・子ども発達支援センター(仮称)等の整備:育ちに支援が必要な子どもとその家族に対し、適切な相談・支援を行う地域の療育拠点として子ども発達支援センター(仮称)等の整備を進めます。 (511,042)

■地球にやさしい水と緑のまちづくり
地球にやさしいまちづくりの推進
・環境行動計画の改定:区を取り巻く環境変化に対応しつつ、環境問い合わせ方法題へのより効果的な取り組みを推進していくため、環境行動計画を改定します。 (6,081)
・自然エネルギーおよび省エネルギー機器等導入費助成:地球温暖化対策として、太陽光発電システムおよび省エネルギー機器等の普及を促進するため、機器などの導入費用を助成します。 (22,661)
水と緑のうるおい空間の創出
・水の都プロジェクトの推進:貴重な水辺空間を区民の憩いの場として活用するため、月島川緑の散歩道を改修する他、朝潮運河と新月島運河において、周辺の景観や自然環境と調和した親水性のある水辺の整備を進めます。 (470,506)
・緑の実態調査:これまでの緑化施策の達成状況や現在の緑化の実態を把握するため、緑の実態調査を行います。 (12,604)
地域と一体となった資源循環型社会の形成
・資源再利用(リサイクル)の推進:地域のリサイクル活動を推進するため、リサイクル活動団体に対する支援を行う他、公共施設や小学校などでの拠点回収や集積所での資源(分別)回収を通じて資源再利用(リサイクル)を推進します。 (522,699)

■歴史と先進性を生かしたにぎわいのあるまちづくり
都心にふさわしい都市環境と基盤づくり
・自転車走行空間の整備:自転車推奨ルートに設定されている区道3路線に自転車走行空間(自転車レーン、自転車ナビマークなど)を整備します。 (20,481)
・晴海通り地下空間の活用調査:三原橋の下にある地下空間の活用について調査を行い、銀座地区のまちづくりの課題に対応した整備が図られるよう検討を行います。 (3,000)
・主要交差点の現況調査:交通事故の減少と区民の交通安全に資するため、区内主要交差点の現況調査を行います。 (3,000)
文化的環境づくりの推進
・本の森ちゅうおう(仮称)の整備:八丁堀駅周辺の再編を踏まえ、図書館機能を中心に、新たな出会い・発見・交流の場を展開する生涯学習の拠点として本の森ちゅうおう(仮称)の整備に着手します。 (50,325)
世界に魅力を発信
・観光案内標識の設置・更新およびフリーWi-Fi環境の整備:外国人観光客などの利便性向上を図るため、中央通り沿いに観光案内標識を新設するとともに、フリーWi-Fi環境を整備します。また、既存案内標識についても表記の統一を図るため盤面を更新します。(132,495)
・観光情報センター:多言語による観光案内や地域の観光情報を集約して発信する機能を備えた観光情報センターにおいて、地域との連携を深めるとともに、観光データベースを拡充するなど運営内容の充実を図ります。 (148,229)
・観光プロモーション映像の制作:区の魅力を視覚的にPRするための観光プロモーション映像を制作し、国内外に積極的に配信していきます。 (10,800)
・日本橋船着場における舟運活性化事業補助:観光客が特に多く訪れる日本橋船着場の利便性の向上を図るため、舟運情報の集約化、情報発信、対面案内を行う事業に対して経費の一部を補助します。 (13,000)
商店街・中小企業への支援と商工業のまちの活性化
・商工業融資:区内中小企業の経営の合理化や設備の近代化の促進を図るため、金融機関を通じた融資あっ旋、利子補給および信用保証料補助などを行います。 (1,841,814)
・ビジネス交流フェア(仮称)の開催:中小企業の業種を超えた交流および商取引の拡大を推進するため、ビジネス交流フェア(仮称)を開催します。 (1,279)
・共通買物券の発行:消費者の購買意欲を高め、地域経済の活性化を図るため、共通買物券を発行します。

■その他の主要事業
・新たな寄附のあり方検討:区の特性を生かした中央区版ふるさと納税として、新たな寄附の仕組みを構築するため、ふるさと納税(寄附金)に関する意識調査および検討を実施します。(2,970)
・区施設のあり方検討:区民や来庁者の利便性向上、防災危機管理、環境への配慮などを踏まえて、本庁舎整備のあり方についての調査および検討を実施します。また、月島地域においては人口増加に加え、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会終了後には、晴海地区に新たなまちが形成されることから、区施設整備に関する総合的な検討を行います。(3,996)
・地域福祉コーディネーターおよび生活支援コーディネーターの配置:地域の中で支援を必要としている方に対し、個人の課題解決に向けた支援を行うとともに、住民同士で助け合える継続的なシステムを構築する地域支援コーディネーターおよび生活支援コーディネーターを社会福祉協議会に配置します。 (25,673)
・「みんなの食堂」に対する支援:子どもや高齢者の孤食を防止し、良好なコミュニティづくりに資するため、「みんなの食堂」を実施する団体への支援を試行的に実施します。 (500)
・中央区基本計画の策定:6月に策定予定の新たな基本構想で掲げる中央区の将来像に向けて、基本的な方向性と施策のみちすじを踏まえた中央区基本計画を策定します。 (9,289)

■主な見直し事業
・自動交付機の運用終了 (△21,723)
・Eメール商工相談の廃止 (△425)
・夏期および歳末見舞金の段階的廃止 (△3,755)
・高齢者生きがいデイルームの廃止 (△31,366)

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル